美肌を目指すスキンケア方法

乳液の効果

 【おすすめ】   ぷるぷるすっぴん美人プログラム >>
 【美の伝道師】 リセットビューティー!どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法 >>


乳液は、洗顔後に化粧水+美容液+乳液という順番で使い、最後に油分の入っている乳液で潤いをフタをするという役割で使われていると思います。
正確には、乳液の働きはフタをしているというわけではなく、細胞間脂質のセラミドとくっつくことによって、肌の水分が保たれているということになります。

最近では、美容液が出回りだしてから、乳液を使用する人が減ってきているようです。
20~30代前半の人は、皮脂が自然に少しずつ分泌され、乳液と同じ働きをしてくれるので、乾燥がひどくない限り、美容液までのケアで大丈夫です。
乳液は、油分の量によって使用感も違うので購入時に確かめて、ベタベタしない、比較的さっぱりしたものを選びましょう。
油分が多いとかえって、肌荒れや吹き出物のというトラブルの原因になってしまいます。
元々、油分の多いTゾーンは、つけすぎないように気をつけることが大切です。

乳液はどういう順番でつけていますか?
最近の美容液は、水溶性のものが多いので、化粧水の後に乳液をつけて美容液をのせてしまうと、乳液は水分と油分を混ぜ合わせて作ったものなので、美容液がはじいてしまいます。


☆アルビオンで人気の乳液

それでは何の効果もありません。
乳液は、油分の量によっていろいろな種類もあるので、取扱説明書を見て順序を確認しましょう。

乳液のつけ方

乳液やクリームをつけるときは、化粧水→美容液→乳液の順序で使用します。
手のひらに乳液をとり、顔全体になじませていきます。
この時肌の状態によって、使用量を調節するようにしましょう。
力を入れずにやさしく、下から上へ、内から外へとゆっくりとのばしていきます。

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0