美肌を目指すスキンケア方法

化粧水の効果

 【おすすめ】   ぷるぷるすっぴん美人プログラム >>
 【美の伝道師】 リセットビューティー!どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法 >>


洗顔後は、皮脂や自然の保湿成分が少なくなり、角質の中の水分が蒸発しやすい状態になっています。
そのなかでセラミドは、年齢と共に減っていき、肌の水分も失われます。
水分が失われた肌に水分を補うには、化粧水を使いますが、セラミドが減っている状態でたくさんつけても効果がありません。
ですので化粧水をつける時は、ビタミンC誘導体を含んでいる化粧水を使うと、保湿効果が高まります。

化粧水をつける時、敏感肌の人は、コットンの繊維で肌を傷めてしまうこともあるので、手でやさしくなじませるようにつけるとよいでしょう。
肌を引き締める為に、顔をパシパシたたくのは逆効果です。
たたいた刺激は、シミなどの元になるので注意が必要です。

オイリー肌の人は、コットンで化粧水をつけると、すっきりした潤いになります。
化粧水の後は、手早く美容液→乳液などをつけていく方が、道筋ができていて浸透力も高まります。

肌の状態が乾燥してあまり良くない時に、化粧水だけつけてはいませんか?
化粧水だけでは、一段と乾燥がひどくなり保湿成分がなくなってしまいます。
化粧水+美容液orクリームは、つけるようにしましょう。

化粧水を冷やして使うと毛穴が引き締まるということを聞きますが、逆に肌の表面温度を下げると、血管が広がって、脂っぽくなることもあります。

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0