美肌を目指すスキンケア方法

毛穴

 【おすすめ】   ぷるぷるすっぴん美人プログラム >>
 【美の伝道師】 リセットビューティー!どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法 >>


毛穴のしくみ

毛穴は皮脂などが分泌されており、毛穴の奥には皮脂を分泌する皮脂腺があり、菌と脂の混ざったものでいっぱいになっています。
体全体のうち、皮脂腺が最も発育している部分は頭です。
その次が顔で、顔には約20万個もの毛穴が存在しています。

体の毛穴は、皮脂腺があまり成長していないので、ほとんど毛穴は目立たないようになっているので
す。
毛穴の数は、それぞれ個人によって、違うと考えられています。
毛穴の大きさは、皮脂の分泌量が関わっています。
皮脂の分泌量には男性ホルモンが関係しているため、男性ホルモンの分泌量が多いほど、毛穴が大きくなる傾向にあります。

毛には、体温を保持する働きや、摩擦などから皮膚を守る作用があります。
摩擦を受けることの多い脇や股に毛が生えている理由は、皮膚を守る為だったのです。

毛は毛包の中を伸びてきて、ある程度の期間がたつと、抜けてまた生え変わります。
これをヘアサイクルと呼びます。

ヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期の大きく3つに分かれます。
まず「成長期」は、毛包のなかで毛が作られ毎日伸びていきます。
そして「退行期」に入ると、成長が止まってくる毛穴も小さくなりはじめます。
最後に「休止期」になると、毛が抜け始めるのです。
全身の毛は、このようなサイクルを繰り返しています。
今見えている毛の中でも、さまざまな状態のものがあるので、表に見えている毛の数よりも、実際の毛根の数は、多いと言えるでしょう。

毛穴の汚れの原因と対処

毛穴の黒ずみに悩む部分は鼻、小鼻の部分が多いようです。
毛穴が目立つ原因はさまざまで、原因によって症状も少しずつ違ってきます。

放置した脂汚れが酸化して黄色くなったり、汚れなどにより毛包に詰まった角栓が酸化して毛包が黒ずんだように見える場合です。
また、過剰にでた皮脂が毛穴に詰まり、目立って見えることもあります。
そのほか、たるみが原因で、目立つ事もあります。
これを予防していくためには、角栓のお手入れ、つまり、よごれや皮脂を毛穴にためないことが大切です。

よく黒ずみが気になる部分に蒸しタオルなどで毛穴を開いてから、といわれますがこれは要注意です。
毛穴を広げてしまうことは、簡単なのですが、反対に広げてしまうと、冷やしても元の状態には戻らなくなってしまうのです。
ですので、ピーリング用の石鹸などを使って、硬くなっている角質を落として、毛穴のまわりを柔らかくし、毛穴を目立たなくするケアをしていきましょう。
メラニンによる黒ずみの場合は、美白ケアをするのが効果的です。

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 edit

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0