美肌を目指すスキンケア方法

たるみ

 【おすすめ】   ぷるぷるすっぴん美人プログラム >>
 【美の伝道師】 リセットビューティー!どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法 >>


たるみの原因

年をとると共に、どうして人間の顔や皮膚は、たるんでくるのでしょうか?
たるみは、お肌の弾力成分であるコラーゲンが、老化によって変わっていくことが原因です。

人間の皮膚は、上から表皮、真皮があります。
真皮にはヒアルロン酸やコラーゲンといった水分を保ち、肌の潤いやハリに重要な役割を果たす働きがあります。

このたるみの主な原因は、この表皮と真皮にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が紫外線や乾燥により、傷ついたり減少してしまうからです。
そして紫外線には、活性酸素を発生し、線維を硬くしたり皮膚細胞を傷つけたりします。
このように、弾力の元が破壊されてしまうわけですから、 皮膚もハリを失ってたるんでしまうのです。
この線維のたるみと、筋肉のたるみが重なって、目の下やほお、首のまわり等にたるみが出るのです。

その他、額や眉間、目元、口元のシワは、表情筋の緊張などによって起こります。
皮膚をピンと吊り上げている筋肉が、衰えてしまうとたるみますので、表情豊かな人ほど、たるんでいないでしょう。

クマの種類

クマの種類別スキンケア方法


・血液のよどみによるもの(青グマ)
目のまわりには、目を動かすために血液が集中しています。
目の周りの皮膚は、顔のほかの皮膚と比べると3分の1程度の薄さしかありません。
睡眠不足、ストレス、疲れなどにより、目の周りの血行が悪くなると、滞った血液が皮膚に透けて、クマになって見えてしまいます。
そのほか、色白の人や冷え性の人にも、多くみられます。

スキンケア方法
軽くマッサージをして、血流をよくするのが一番の解決法です。
目のまわりのツボを押すと、疲れ目や、青グマを解消することができます。
喫煙でも毛細血管は収縮して血流が悪くなるので、喫煙をする方は、タバコを控えましょう。
そのほか冷たいものも、避けたほうがいいでしょう。


***************************************************************************

・むくみ、たるみからくるもの(黒グマ)
実は、クマで悩んでいる人の多くは、この黒グマです。
皮膚のたるみが原因によって、できます。
年齢がいくにつれて、薄い下まぶたの皮膚は、さらに薄くなってきます。
薄く弱くなった皮膚は、目玉が入っている穴の重さに耐えられなくなり、前に出てきます。
そこに陰ができ、クマとして見えるのです。

スキンケア方法
青グマと同じような手入れが必要となります。
皮膚のたるみが原因ですので、コラーゲンを増やすお手入れをしましょう。
塩分は、控えた方がいいでしょう。


***************************************************************************

・シミ、くすみによるもの(茶グマ)
目の下に小さいシミがいくつかできて、それらがつながってクマのように見えることもあります。
紫外線、赤外線などのダメージや、乾燥や目をこすりすぎなどによって目元にメラニンが増え、皮膚が黒ずみ、クマになって見えてしまいます。
また目をこするクセのある人や、目のまわりに湿疹ができる人は、角質が厚くなって、それがくすみになり、クマのようになっていきます。

スキンケア方法
茶グマはシミなので、通常のシミと同じお手入れをしていきます。
肌が乾燥している人は、一年中保湿力の高いローションや乳液でお手入れをし、肌が乾燥しないようにします。
ドライアイで、無意識に目をこすってしまう人は、目が乾かないように点眼し、こすらないようにしましょう。
またアイメイクを落とすときは、刺激の少ないものを選び、こすらないように気をつけましょう。

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 edit

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0