美肌を目指すスキンケア方法

This page:美肌を目指すスキンケア方法TOP > しみ > しみの種類と原因

しみの種類と原因

 【おすすめ】   ぷるぷるすっぴん美人プログラム >>
 【美の伝道師】 リセットビューティー!どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法 >>


30歳を過ぎた頃から、年々気になってくるしみ。
では、一体なぜしみは出来るのでしょう?

皮膚が老化すると、メラニンの代謝も悪くなり、色素が皮膚にたまりやすくなります。
肌のしみの多くは、日焼けによって作られたメラニン色素が、肌の中に残って沈着したものです。
そして肌の一部にメラニン色素が残ると、しみとなっていきます。
しかしメラニン色素を、悪いやつと決めつけてはいけません。

メラニンには、有害な光線を吸収したり、紫外線で出た活性酸素を無毒化する働きもあるというので驚きです。
これによって、紫外線による肌の害を減らせるのです。
しかし、紫外線を浴びないに越した事はありません。
日頃から、UVと美白のケアはセットで行いましょう。

しみの種類

・老人性色素斑
しみと呼ばれるものの中で、最も多いのがこのしみです。
ほとんど紫外線が原因で、老化による皮膚の変化によって、できたものだといわれています。
黒褐色のしみで、多くは左右非対称です。早ければ25歳から現れる場合があり、日光性黒子とも呼ばれます。

・肝斑
一般的に頬骨辺りに左右対称に出来ることが多く、女性ホルモンのバランスが崩れた時に出来るといわれています。
色は、茶色か灰色とさまざまです。

・雀卵斑(そばかす)
鼻を中心に、散らばるように細かく小さなしみがあります。
遺伝的なものが多く、日本人では色白の人に多くみられます。
紫外線でも色が濃くなったり、数が増えたりするので、気をつけましょう。

・炎症性色素沈着
ニキビやかぶれ、やけど、アトピーなどの炎症などの傷の痕が、茶色くしみになってできたものです。
できる場所は顔だけでなく、全身に現れます。
時間が経つとほとんどの場合がなくなりますが、時間もかかり、またその間に紫外線をたくさん浴びてしまうと、残ってしまうこともあります。

・花弁状色素斑
肩から背中にけて出る、小さなシミのことで、海水浴などで強い日光にあたった後にできます。
日光を浴びてから1~3ヶ月後頃に多く現れ、自分ではあまり見えない場所なので、気がつかないこともあります。

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0