美肌を目指すスキンケア方法

しみ

 【おすすめ】   ぷるぷるすっぴん美人プログラム >>
 【美の伝道師】 リセットビューティー!どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法 >>


しみの種類と原因

30歳を過ぎた頃から、年々気になってくるしみ。
では、一体なぜしみは出来るのでしょう?

皮膚が老化すると、メラニンの代謝も悪くなり、色素が皮膚にたまりやすくなります。
肌のしみの多くは、日焼けによって作られたメラニン色素が、肌の中に残って沈着したものです。
そして肌の一部にメラニン色素が残ると、しみとなっていきます。
しかしメラニン色素を、悪いやつと決めつけてはいけません。

メラニンには、有害な光線を吸収したり、紫外線で出た活性酸素を無毒化する働きもあるというので驚きです。
これによって、紫外線による肌の害を減らせるのです。
しかし、紫外線を浴びないに越した事はありません。
日頃から、UVと美白のケアはセットで行いましょう。

しみの種類

・老人性色素斑
しみと呼ばれるものの中で、最も多いのがこのしみです。
ほとんど紫外線が原因で、老化による皮膚の変化によって、できたものだといわれています。
黒褐色のしみで、多くは左右非対称です。早ければ25歳から現れる場合があり、日光性黒子とも呼ばれます。

・肝斑
一般的に頬骨辺りに左右対称に出来ることが多く、女性ホルモンのバランスが崩れた時に出来るといわれています。
色は、茶色か灰色とさまざまです。

・雀卵斑(そばかす)
鼻を中心に、散らばるように細かく小さなしみがあります。
遺伝的なものが多く、日本人では色白の人に多くみられます。
紫外線でも色が濃くなったり、数が増えたりするので、気をつけましょう。

・炎症性色素沈着
ニキビやかぶれ、やけど、アトピーなどの炎症などの傷の痕が、茶色くしみになってできたものです。
できる場所は顔だけでなく、全身に現れます。
時間が経つとほとんどの場合がなくなりますが、時間もかかり、またその間に紫外線をたくさん浴びてしまうと、残ってしまうこともあります。

・花弁状色素斑
肩から背中にけて出る、小さなシミのことで、海水浴などで強い日光にあたった後にできます。
日光を浴びてから1~3ヶ月後頃に多く現れ、自分ではあまり見えない場所なので、気がつかないこともあります。

しみへの対策

日焼け止めには、値段の幅はピンからキリまであります。
一体何を使えばいいのでしょうか?

まず日焼け止め化粧品には、クリーム、乳液、スプレー式などの種類があります。
日常的に使う日焼け止めでしたら、紫外線吸収剤不使用のクリームか乳液タイプの物を選ぶと、肌に負担がかかりません。
SPF20、PA++を普段から使用するようにしましょう。
ただし、外に出ている機会の多い人や、海や山に行く人は、紫外線も多いので、乳液かクリームの物を選び、SPF50、PA+++を使うようにして下さい。

日焼け止めクリームは、朝だけ塗るのではなく、一日に何度か塗り直すと効果的です。

日焼け止めクリーム以外でも、帽子、日傘、サングラスを身につける習慣をつけましょう。
たとえ長袖の洋服でも、目が詰まっていないものでしたら、簡単に紫外線は通過してきます。
出来れば、ポリエステル素材のものか、厚手の洋服を着ることをオススメします。


そんな紫外線対策をしていても、出来てしまったしみはどうすればよいのでしょうか。
あきらめないで、正しいケアをすれば、薄く目立たなくすることもできます。
特に、できたてのしみほど美白効果が可能ですので、根気よく続けましょう。
しかし、古いしみほどメラノサイトの活性が強く、美白効果も弱まります。


メラニン色素を、もとの状態に戻すには、外側からビタミンCを使い、内側にもビタミンCを補うのが有効でしょう。
ビタミンCを外側から補う方法ですが、ビタミンCのスキンケア製品は、不安定で肌に浸透しにくいので、ビタミンC誘導体が含まれている化粧水を選びます。
肌に浸透した後、肌の中の酵素の働きでビタミンCに変わって、メラニン色素の還元を行ってくれます。

そのほかビタミンCは、メラニンの産生を妨げたり、活性酸素の除去、コラーゲンの合成を促進する働きもあります。
そして、しみのできにくい肌を作るためには、ビタミンCを体内から吸収することも大切です。
ビタミンCは、必要量を食事のみで摂取するのは、難しいのですが、できれば、サプリメントで摂取するよりも、食生活を改善し、緑黄色野菜を多く取り入れるように心がけましょう。


女性の場合、女性ホルモンとメラニン色素が関係しています。
排卵から次の生理まで、ホルモンとの関係でメラニン色素ができやすくなっています。
また妊娠中にしみなどができやすいのは、メラノサイト刺激ホルモンが、普段の10倍近くにも増え、メラニン色素が多く作られやすい状態になるからです。
妊娠中は、普段以上に紫外線対策をする必要があります。


※SPF値・・・・・紫外線B波をカットします(日に焼けて赤くなるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかを指す。例えばSPF2なら2倍、SPF10なら10倍まで伸ばせる。)

 PA値・・・・・・紫外線A波をカットします(+はやや効果がある+++は非常に効果がある)

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 edit

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0