美肌を目指すスキンケア方法

This page:美肌を目指すスキンケア方法TOP > ニキビ > 私のニキビ治療

私のニキビ治療

 【おすすめ】   ぷるぷるすっぴん美人プログラム >>
 【美の伝道師】 リセットビューティー!どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法 >>


高校生まで私の場合、ほとんどニキビに縁がありませんでした。
だけど高校卒業後、就職するとほんの少しニキビが出来始めました。
気にするほどでもなかったので、いつも通りのスキンケアで過ごしていました。
社会人になって、人間関係、日々の残業、不規則な生活など、いろいろな事がストレスとなってニキビの量も増えていきました。
結局1年半程で、そこの会社を辞めたのですが、ニキビが治る気配がなく、近くの皮膚科を受診する事にしました。

1件目では、ほとんど診てくれず、大量の薬(ビタミン剤、胃薬、抗生物質の入った塗り薬など)が出されただけ。使用しても一向に治る気配もなく、いろんな人に評判の病院を聞いて、別の病院を受診することになりました。
その頃、再就職もしたのでストレスも倍増、どんどんニキビはひどくなっていきました。

2件目の病院では、押し出しと言って、ニキビを看護師さんがコメドプッシャーを使ってニキビをだしてくれるというもの。
でも私の場合、赤ニキビ1歩手前だったので、すごく痛かったのを覚えています。
今思えば、あれはしたらダメだったんだなって思います。
そのせいで陥没痕が今も無数に残っています・・・。

その病院と同時に、生理不順もあったので産婦人科にも通っていました。
先生には、「生理不順が治ればマシになるよ」とか看護師には「結婚して出産したら治るよ」とかいろんな事を言われました。
でも私は、まだ20歳前半と若かったので、「まだ結婚する気もないし、今治したいのに」と思いながら、他の病院を探しました。

次行った病院は内科で、漢方薬を処方してくれるというので、安心して通いました。
「便がたまっているせいで、ニキビができてる」といわれ、便を出す漢方を調合され飲んでましたが、治る気配ゼロ。
その頃は、胃腸も弱く、下痢気味だったのが、漢方薬を飲むと、さらに輪をかけて、ひどくなりました。
他の皮膚科にも行きましたが、どこも同じような薬を出され、「様子をみて」の繰り返し。

7年ほど病院をショッピングしましたが、通うのはやめました。
でもまぁよくあんな顔の状態で、遊びに行ったりしてたなって感心します。
それから2年後に、仕事を辞めて、家を出ると、少しずつニキビが治って、出来なくなりました。
私の場合、完全なるストレスが原因でした。

探すまでに時間はかかりましたが、やっと治りました。
みなさんも、あきらめないで下さい。絶対に治る時がきますよ!

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0