美肌を目指すスキンケア方法

洗顔方法

 【おすすめ】   ぷるぷるすっぴん美人プログラム >>
 【美の伝道師】 リセットビューティー!どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法 >>


メイクした日は、クレンジング→洗顔をするように心がけて下さい。

日焼け止めだけしか塗っていない方でも、日焼け止めの成分がファンデーションと似ているので、できればクレンジング剤を使用して下さい。
クレンジンク後の肌に残ったクレンジング剤の油分やメイクなどの汚れを、完全に取り除かないと、洗顔後に使用する化粧品の効果はうすくなります。

洗顔は、泡で顔をやさしく包んで洗うのが基本ですが、泡立てるのに夢中になりすぎて、その泡を長く顔の上に置いてはいませんか?
洗顔時に泡がすぐ消えるなら汚れを包み込んだことになるので、洗顔は終了しています。
それなのに、長く顔の上にのせ消えない泡で洗っていると、乾燥を引き起こす原因になりかねません。
泡が全体になくなれば、早めに洗い流しましょう。


洗顔手順

1、ターバンなどで髪をまとめて、洗顔前に手を洗い、顔を少し濡らしておきましょう。
手が汚れていると洗顔料の泡立ちが悪くなります。
2、手のひらや泡立てネットを使って、洗顔料または石けんをよく泡立てます。
泡はきめ細かく弾力のあるものが理想です。
3、Tゾーンから洗い始め、手のひらやネットでつくった泡を包み込むように優しく洗います。
手が肌に触れない程度に、泡を動かして汚れを馴染ませていきます。
4、次に頬に泡をのせて馴染ませていき、口や目元などを洗います。
5、洗顔が終了すると、ぬるま湯で洗い流します。冷たい水は毛穴を閉じてしまい、汚れがうまく取れません。
そして熱いお湯は、必要な皮脂まで取りすぎてシワの原因を作ってしまうので、注意しましょう。
このとき、手で顔をこすらないようにし、すすぎ残しがないように、ていねいにすすぎましょう。
6、洗顔後、タオルは顔にそっと押し当てるだけで、OK。
こすらないようしましょう。


*顔料の泡立て方

ぬらした石けんを手のひらである程度転がしたら、ぬるま湯を含ませます。
空気を入れながら、泡立てます。
洗顔ネットや台所用水切りネットなどでも、簡単に泡立ちます。
その他にも、細かいクリーミーな泡ができる、メガネ拭きから生まれた洗顔クロスなどを利用するといいかもしれません。
そして石けんトレーは、水はけをよくすることです。
長持ちします。

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0