美肌を目指すスキンケア方法

This page:美肌を目指すスキンケア方法TOP > 洗顔について > クレンジングの種類

クレンジングの種類

 【おすすめ】   ぷるぷるすっぴん美人プログラム >>
 【美の伝道師】 リセットビューティー!どんなに老けこんでいても美しく若く一変する方法 >>


クレンジングの種類には、これらの種類があります。

刺激が強い・・・・・・ふき取りタイプ
       ・・・・・・オイル、リキッド
       ・・・・・・ジェル状

刺激が弱い・・・・・・クリーム、乳液


クレンジングのそれぞれの特徴

・ふき取りタイプ
メイクになじませ、ティッシュやコットンでふき取ります。
ふき取る時に、過剰な摩擦によって肌を傷つけたり、毛穴に汚れをつめ込ませるので注意が必要です。
ふき取る刺激は、肌にとってはかなりの負担となり、常時使用しているとシミになったりする場合もあります。
もしどうしても使用しなくてはならないなら、ぬらしたコットンやティッシュを使うと、摩擦が減って肌の負担も軽減されます。

・オイルタイプ
は、メイクとのなじみが非常によく、汚れが落ちやすいのが利点ですが、良く落ちる分、洗浄力の強いものが多く、肌を傷め、化粧水の浸透を妨げる原因となります。
形状自体もサラサラとしているので、必要以上に肌をこすってしまいがちです。
そうなると、肌に負担がかかり、乾燥させてしまう結果になります。

ジェル状タイプ
さっぱりとして使い易いですが、さっぱりしすぎると、逆に油の汚れが十分に落ちていません。
そして、のびが悪いタイプは肌をひっぱるため、シワやたるみの元となります。

・クリームや乳液タイプ
水気が多いので、メイクなどの油になじみがよくありません。
粉のおしろいとかなら、乳液タイプで十分なのですが、ファンデーションを使用した時は適していません。
しかし、肌にやさしいので、乾燥しやすい肌や敏感肌の方にも安心して使えます。

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0